MENU

レディース服のセレクトショップで人気のお店の魅力をレポート

 

セレクトショップ

 

レディースファッションのセレクトショップと言えば、一時期は活況を呈したものの、最近は、アパレル業界全体の不況もあってか、かつてほどの盛り上がりはなくなりましたよね。

 

ところが、そんな中でも、全国各地で、地域に根付きながら、地道に売上を伸ばしている新タイプのお店が、徐々に増え始めているようです。

 

レディースファッション系で、最近人気のセレクトショップの魅力をレポートしました。

 

ミュージアムストア 北海道札幌市

(シフトプロダクション)

コンセプトは「北海道から世界へ」。世界に通用する優れたコンテンツを自分たちが発信するという思いでミュージアムストアは誕生しました。世界基準のクオリティはもちろん、クリエーターの可能性を見極めて作り手と面談して仕入れを決めています。取扱商品は、洋服やバッグにとどまらず、ペンケースやポーチ、ガラスの照明器具や花器、CD、書籍、1点物のアート作品などです。
大正時代に建てられた石造りの倉庫をリノベーションした建物で、1階にセレクトショップの「ミュージアムストア」、2階に現代アートのギャラリー「クラークギャラリー+シフト」を併設してます。ライフスタイル提案型のショップです。

 

ディアナガーデン 大阪府箕面市

セールやネット通販も一切しない古典的な洋服の専門店で、業界人が一目置くセレクトショップが大阪の「ディアナガーデン」です。セレクト力とコーディネート力は抜群で、パーソナルスタイリストのような的確なアドバイスで、地元のみならず神戸や東京からもお客さんが通う人気のお店です。予約制を導入して、接客に時間をかけています。コーディネートしやすく、人にほめられやすくて、取り扱いのしやすいものを基本に、お客さまの満足いくスタイルを提案しています。
今秋冬から力を入れているのが、靴のラインナップです。履きやすいと評判のペリーコをはじめ、パラブーツマウロ・デ・バーリミッシェルビビアンなど、パンプスからスニーカーまで幅広く取り揃えています。

 

ジェリー小倉店 福岡県福岡市

(マリングループ)

マリングループは、20代半ばの女性を中心としたカジュアルでベーシックなブランドを展開する「ジェリー」とアクセサリー雑貨を取り扱う「ミスマリン」の2つのセレクトショップを軸に、「マーキュリーデュオ」や「エモダ」など12ブランドと22点のフランチャイズ店や販売代行を請け負う会社です。
マリングループのモットーは、現場のスタッフとお客さま第一主義、期待を超える接客と品揃えを心がける、北九州において流行最先端のお店でいることをかかげています。
マリングループは福岡市を中心に店舗展開して、直営店のジェリーは北九州市の小倉にあります。セレクトショップだといろいろなブランドを取り扱えて、九州初上陸のブランドも展開できる強みがあります。今年7月に九州初上陸のブランド「エヴリス」の取り扱いを始めると、売上も瞬く間に跳ね上がったという実績があります。

 

 

今年の冬は、スナイデル(snidel)のチェスターコートが欲しい

今、一番欲しい服は、スナイデルのチェスターコートです。

 

実は去年からずっと欲しいと思っていました。

 

「黒のオフショルダーのニットワンピースと合わせたい」と思い、ワンピースだけ先に購入しましたが、チェスタコートは気に入ったものが去年は見つかりませんでした。

 

私が欲しいチェスターコートはグレーで丈がひざより少し上くらいのものです。

 

生地の厚さはどちらかというと厚めが良いと思っています。

 

去年はチェスターコートを探し出したのが年末で、セールの時に、きっと購入できると思っていましたがそうではありませんでした。

 

そのときにはすでに良いものが売り切れてしまっていたようです。

 

なので、今年はもうすでに今から探しています。

 

12月ころのは予約がスタートするsnidel福袋に入っていれば、即効で予約しておこうと思います。

 

きっと、グレーのチェスターコートは、おそらく今年の冬も流行るんじゃないかなぁ。ょう。

 

ほかにも、いくつか目を付けているものもあります。

 

まだ実際に店には行っていませんが、遅くても、年末年始には購入したいと思ってます。

 

去年はモッズコート、ニット帽、ジーンズでカジュアルなスタイルでしたが今年はチェスターコート、フェルトのハット帽、ニットワンピースで女性らしい綺麗目なスタイルでオシャレを楽しみたいです。

 

チェスターコートはスカート以外にパンツでも合うと思うので、様々なコーデも試したいです。